輸入車の修理はどうすればいい?修理を依頼する際に初心者がおさえておきたい基本情報を詳しく解説

このサイトは輸入車の修理をどうすれば良いか分からないという人に向けて、基本的な情報を説明しています。
外車は初めて所有するという初心者でも分かりやすいように、基礎的な部分から解説しているので分かりやすくて理解が進むでしょう。
適切な業者にメンテナンスを依頼することで、愛用している車をより長く良い状態で保有することが可能です。
業者の選び方や費用の確認方法といったポイントなどを適切に把握しておきましょう。

輸入車の修理はどうすればいい?修理を依頼する際に初心者がおさえておきたい基本情報を詳しく解説

輸入車の修理を依頼するのであれば、外車専門の整備工場か購入したディーラーに相談するのが基本です。
一般的な日本の自動車整備工場の場合、輸入車を修理するのに必要なパーツがそろっていなかったり整備士の技術が不十分だったりする可能性があります。
その点外車修理専門店であれば必要な工具はそろっていますし、整備士も日頃からそうしたメンテナンスに慣れているので安心して任せることができるでしょう。
外車のディーラーに依頼するメリットは、メーカーの正規品パーツを使用してメンテナンスが行えることです。
費用は少し高くなるかもしれませんが、純正パーツを使用できるので安心でしょう。

輸入車修理で失敗しないための事前準備

輸入車の走行不良や事故などで修理が必要になった場合に、金銭的な余裕があるオーナーは問題ないのですが、高級車ブランドに乗りたいと思っているだけの人にとって費用負担は大きくなるものです。
新車で購入しても高い輸入車なので、部品交換が必要な場合には、部品の調達価格も当然高いのです。
また、工賃も特別な作業を要するので高く、ディーラーのメカニックや輸入車専門業者に任せきりにしていると、請求金額が高く支払えないことになってしまうこともあり得ます。
もし輸入車で修理を依頼する場合には、どの業者に依頼するのか検討することが必要です。
一般的には購入したディーラーの営業マンに相談して対処方法を決めるのですが、ディーラーの対応は高いのでしっかりと準備をしなければなりません。
大切なのは見積もりをとることです。
どんな作業が必要でどれだけの納期になるのかなど、金額によっては新車を購入した方が良い場合もあるからです。
そして、ディーラーでなくとも日本の実績のある業者に依頼することで、費用負担を抑えることもできます。

輸入車の修理はどこに依頼すればいい?

車検や定期点検以外にも、車の調子が悪いときに頼れる先を知っておくと何かと便利です。
ここでは、輸入車修理を依頼できる先をいくつかピックアップして見ていきます。
まずは「外車専門の修理店」であり、外車の整備が得意なスタッフや工具がきちんとそろっているのが強みです。
専用のテスターで診断してくれるところも多いため、安心してお願い出来ます。
次が「輸入車ディーラー」で、生産国と連携しているため整備の依頼先としては安心感があります。
正規品の部品と交換してもらうことができ、純正品は保証が付いている点もメリットです。
上記二つが近くにない場合などは、「日本車の整備工場」にお願いするという方法もあります。
ただし、パーツを取り寄せるにも時間がかかるのと、輸入車の整備には慣れていないため、かなり予算オーバーになる可能性がある点は覚悟しておきましょう。
そもそも輸入車は、国産車とは造りが根本的に違うことが多いです。
また、点検内容やメンテナンス頻度が異なる場合もあるため、それぞれの車に適した先にお願いしたほうが賢明でしょう。

輸入車修理でよくあるトラブルとは?

輸入車であっても何らかの原因で動かなくなり故障をしてしまう事例があるのは言うまでもなく、海外産の方が頻度が高い傾向にあります。
その一番の理由は国内の高温多湿の気象が海外と違うため、故障をしやすいのは言うまでもないです。
こうした場合、もう一回乗車をするために必ず修理に出すことになりますが、意外とトラブルが多いのも実情となります。
まず費用が高額になってしまう点があり、国内車なら数十万で済むところ、数百万もしてしまうケースも存在します。
それ以外にも輸入車は、文字通り輸入して仕入れを行っているので、輸送の時間も長くなる点もあります。
さらには修理やメンテナンスをしやすいように設計されていなかったりするので、場合によって対応できないことも存在します。
また輸入車に対する知識や技術を持っているエンジニアを探すのが難しいので、どこに依頼をすれば良いのか解らない点もトラブルです。
輸入車に乗車をする方は、いつ動かなくなるか解らないので数台を所有しているケースが多くなっています。

輸入車の修理コストを抑えるために欠かせない整備

輸入車と一口にいっても様々ですが、日本車よりも壊れやすかったり、修理コストが嵩むイメージがあるのではないでしょうか。
これは日本と生産や走行、保管を行う環境が異なること、設計思想の違いなどが壊れやすさや修理コストに影響しています。
輸入車はそれだけでもコストが掛かりやすいので、可能な限り抑えるために整備をこまめにしっかりと行うことが大事です。
整備をすれば不調が早い段階で発見できますし、コストが増加する前に対処して問題の解決を図れます。
一度故障やパーツの交換となると費用の発生は避けられませんし、パーツの在庫がなくて海外から取り寄せとなればお手上げです。
壊さないことが何よりも重要ですから、故障の兆候の早期発見に繋がるメンテナンスはとても重要です。
頻度はケースバイケースですが、比較的新しい設計の輸入車なら、それほど頻繁にやらなくても良さそうです。
逆に年代物で壊れやすい輸入車については、少なくとも3ヵ月に一度はプロに見てもらった方が安心できるのではないでしょうか。

輸入車,修理に関する情報サイト
輸入車修理のお役立ち情報

このサイトは輸入車の修理をどうすれば良いか分からないという人に向けて、基本的な情報を説明しています。外車は初めて所有するという初心者でも分かりやすいように、基礎的な部分から解説しているので分かりやすくて理解が進むでしょう。適切な業者にメンテナンスを依頼することで、愛用している車をより長く良い状態で保有することが可能です。業者の選び方や費用の確認方法といったポイントなどを適切に把握しておきましょう。

Search